【将棋格言】
王手は追う手

格言一覧リンク

「王手は追う手」の詳細

格言名称
王手は追う手
読み方
おうてはおうて
主な関連駒
出現頻度
★★★★
説明
王手をかけると相手玉を逃がしてしまうだけで、逆に寄せづらくなることが多い、ということ。
相手玉に詰みがない状態で絶対に王手をしてはいけない、ということではない。しかし、相手玉が逃げるたびに、持ち駒を打って王手をし続けるような指し方では、すぐに持ち駒がなくなって逃げ切られてしまう。
特に初心者のうちは、王手をすると勝ちが近づいているような感覚になってしまい、余計な王手をしがちである。「相手玉を逃がす王手をしようとしていないか?」「相手玉の逃げ道を塞ぐような手はないか?」といったことを考える癖を付けておきたい。
好手例
【将棋格言】第43期棋王戦五番勝負 第5局 渡辺明 棋王 対 永瀬拓矢 七段で「王手は追う手」となった局面

[図1]

上の [図1] は、第43期棋王戦五番勝負 第5局 渡辺明 棋王 対 永瀬拓矢 七段の対局で、102手目に永瀬七段が△5九銀と打った局面。「王手は追う手」で、▲7八玉と逃げられて、後手は持ち駒が明確にあと2枚足りない。もちろん、これは永瀬七段も分かっており、形作りではある。もし、後手に持ち駒が豊富にあったとしたら、△7六歩や△8五桂のように指して7七の金を攻めたり、△8八金のように指して▲7八玉と逃げられないようにしておきたい。
関連用語
関連手筋
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -