ボナンザ囲い:将棋の囲い

目次

ボナンザ囲いの基本形

下図がボナンザ囲い(ぼなんざがこい)の基本形です。
最小構成として、金2枚と左銀の配置が同じであればボナンザ囲いと言えます。
将棋で「ボナンザ囲い」と言われる囲い

ボナンザ囲いの特長

ボナンザ囲いは主に対抗形の居飛車側で現れる囲いです。
舟囲いで角交換をした後に、ボナンザ囲いへと進展させることが多いです。

左銀が好位置で、相手からの角打ちや桂打ちによって、
囲いが狙われにくくなっています。
また金駒の連結が良いため、上部・斜め・横からの攻めに対して、
それなりの耐久力があるうえに、玉の逃げ道が左右に確保されていて広さもあります。

ボナンザ囲いの評価

標準手数9
横の耐久力70 /100
斜めの耐久力75 /100
上部の耐久力70 /100
端の耐久力65 /100
玉の広さ70 /100
玉の遠さ70 /100
囲いの進展性60 /100
陣形バランス80 /100

※弊サイト独自の評価です。戦型や局面によって変動しますし、点数の合計が大きいからと言って必ずしも優れているということではありません。あくまでも目安としてお考えください。

ボナンザ囲いの前段階

  • 舟囲い

ボナンザ囲いからの進展

  • 片矢倉
ボナンザ囲いを組んでいる段階では角交換が行われていることがほとんどであるため、
仕掛けが難しくて組み替えるとしても、角打ちの隙が生じないようにする必要があります。
よって、銀冠や穴熊へと大きく囲いを組み替えることは難しいです。

主な相手の囲い

  • 片美濃
  • 本美濃
  • 高美濃

ボナンザ囲いの主な弱点

一段飛車(一段竜)に弱い

ボナンザ囲いは金2枚が二段目に上がっているため、
下図のように一段飛車で攻められてしまうと、
玉の下が素通しで、次に金打ちの王手が厳しい狙いとなってしまいます。
「ボナンザ囲い」の注意点1
上図のような場合、通常は先手も歩以外の持ち駒を持っていることが多いので、
例えば、左金の下に香を打って横からの攻めに備えれば、まだ堅さは維持できます。

先手に持ち駒がない場合は銀を引くしかありませんが、
壁形になるので、あまり望ましい展開ではありません。

端攻めから飛車を打ち込まれる

ボナンザ囲いは桂香以外で端を守っていません。
よって、弱点の1つであり、下図のように相手の持ち駒に歩2枚と飛車がある場合、
「ボナンザ囲い」の注意点2
端歩を突き捨てから△9七歩と垂らされるだけでも嫌な形になります。
▲同香と取ると△9六歩と叩かれて▲同香に△9八飛のように打ち込まれてしまい、
王手香取りとなって、駒損のうえに端を破られてしまいます(下図)。
「ボナンザ囲い」の注意点3
垂れ歩に対して▲8六銀と上がって△9五香を防ぐ手はありますが、形が崩れます。
また、端に垂らされた歩をずっと放置しておくのは気持ちが悪く、
とは言え、歩を取るために1手を費やすのも、緩手となる恐れがあります。

さらに、後手の持ち駒に歩が3枚以上あれば、端歩の突き捨て後に△9八歩と叩くことで
▲8六銀の受けも間に合わなくなるので、飛車や歩を渡す前には注意が必要です。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -