総矢倉:将棋の囲い

目次

総矢倉の基本形

下図が総矢倉の基本形です。
最小構成として、金銀4枚の配置が同じであれば総矢倉と言えます。
将棋で「総矢倉」と言われる囲い
玉が入城するためには、角を初期位置から移動する必要がありますが、
角の移動先は三段目の金の下(二段目の金の右)になることも多いです。

総矢倉の特長

総矢倉は原則として居飛車の囲いです。

総矢倉は金銀3枚を三段目に押し上げて配置しており、
上部からの攻めに対する耐久力が高い囲いとなっているため、
特に相居飛車の戦型において、
相手の攻撃陣と自分の玉が向かい合っている状態で真価を発揮します。

自玉の周辺に金銀4枚が集まっているため、かなり攻め込まれにくいです。
また、多少崩されたとしても、持ち駒を埋めたり、
玉が左右に逃げ出したりする余地が残っているため、粘りやすさもあります。
よって、相手に攻めさせて自分の持ち駒を増やし、
終盤で反撃を狙うような指し方が合っています。

総矢倉は主導権を握りづらい後手番で採用されることが多いです。

総矢倉の評価

標準手数16
横の耐久力80 /100
斜めの耐久力85 /100
上部の耐久力90 /100
端の耐久力70 /100
玉の広さ80 /100
玉の遠さ80 /100
囲いの進展性50 /100
陣形バランス75 /100

※弊サイト独自の評価です。戦型や局面によって変動しますし、点数の合計が大きいからと言って必ずしも優れているということではありません。あくまでも目安としてお考えください。

総矢倉の前段階

  • 金矢倉

総矢倉からの進展

  • 菱矢倉
  • 銀立ち矢倉
  • 矢倉穴熊

主な相手の囲い

  • 総矢倉
  • 金矢倉
  • 片矢倉
  • 矢倉穴熊
  • 雁木

総矢倉の主な弱点

攻めの主導権を握ることができない

総矢倉は金銀4枚すべてを囲いに使います。
組むために手数がかかりますし、下図のように角がいることも多いです。
こうなると攻めるための駒が飛車・右桂・右香と少ないですし、
組み上がった時には相手が仕掛ける態勢になっている可能性が高いです。
「総矢倉」の注意点1
近年「後手でも先攻した方が得」という考え方が重視されてきています。
正確に受け続けるのが難しいということもあって、総矢倉は激減しています。

相手の右桂が跳ねると銀の両取りになる

総矢倉は相手の右桂が跳ねると銀の両取りになります。
下図のような仕掛けで▲同歩と取りづらい面があります。
「総矢倉」の注意点2

端や上部からの攻めに対しては金矢倉と同様

総矢倉は金矢倉と比較して右銀が加わった形です。
つまり、端に関しては金矢倉と同じ弱点があります。
詳細は金矢倉のページをご覧ください。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -