【将棋手筋】
ふんどしの桂

手筋一覧リンク

「ふんどしの桂」の詳細

手筋名称
ふんどしの桂
読み方
ふんどしのけい
主な関連駒
出現頻度
★★★☆☆
説明
桂で両取りをかけること。「桂のふんどし」とも言われる。
特に持ち駒の桂を打って両取りがかかった場合に使われることが多い。
桂馬の利きは「T」のような形にも見えるが、昔に例えられた「ふんどし」が定着した。
好手例
【将棋手筋】「ふんどしの桂」で両取りをかけた部分図

[図1]

上の [図1] は、先手が▲5六桂と「ふんどしの桂」を打って4四にいる銀と6四にいる金の両取りをかけている。後手は△5五銀や△5四金と指して両取りを受けるか、あるいは別の手を指して攻め合うかを考える。
【将棋手筋】「ふんどしの桂」で王手飛車取りをかけた部分図

[図2]

上の [図2] は、先手が▲5六桂と「ふんどしの桂」を打って王手飛車取りをかけている。王手が優先なので玉を逃げるしかないが、先手は次に飛車を取ることができる。
【将棋手筋】第65期王座戦五番勝負第2局 羽生王座vs中村(太)六段で「ふんどしの桂」の両取りをかけた局面

[図3]

上の [図3] は、2017年9月19日に行われた第65期王座戦五番勝負第2局 羽生王座vs中村(太)六段の106手目に後手の中村六段が△6六桂と打って「ふんどしの桂」をかけた局面。次に5八か7八の金を取ることができるので、厳しい攻めとなっている。
関連用語
関連格言

 

手筋一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -