【将棋手筋】
早逃げ

手筋一覧リンク

「早逃げ」の読み方

はやにげ

「早逃げ」に関連する主な駒

「早逃げ」の出現頻度

★★★☆☆

「早逃げ」の説明

特に中終盤で攻めることができる局面で、相手から攻められる前に、玉を相手の攻め駒から離したり、囲いの中に移動させたりすること。
これによって、自玉に王手がかかりにくくなったり、追い詰めや退路封鎖などの寄せが実現しにくくなったり、王手をかけられる前に持ち駒を手に入れて反撃できるようになったりする。格言で「玉の早逃げ八手の得」と言われるように終盤における重要な手筋の1つとなっている。

「早逃げ」の好手例

【将棋手筋】「早逃げ」が有効になる可能性のある部分図

[図1]

上の [図1] は、角換わりなどの戦型でよく現れる玉形である。序盤においては上部からの攻撃に対して距離を取っているので悪い形ではないものの、大駒交換になってしまうと、例えば下の [図2] のように王手をかけられながら駒を取られる変化が生じてしまう。
【将棋手筋】「早逃げ」をしないと実現する可能性のある変化

[図2]

よって、大駒交換が行われる前か、あるいは直後に、▲8八玉と「早逃げ」をすることで両取りを回避しておく手が効果的になる。
【将棋手筋】「早逃げ」が有効になる可能性のある部分図2

[図3]

上の [図3] から後手が△4八金打~△3九銀のように王手で追ってくれれば、先手玉は手順に逃げ出すこともできるが、退路封鎖の手筋で△1八金 ▲同香 △1九銀とされると、△4八金打と△2八金の詰めろが同時に受からないため、先手玉に必至がかかってしまう(下の [図4] )。
【将棋手筋】「早逃げ」をしないと実現する可能性のある変化2

[図4]

よって、[図3] からは▲2八玉と「早逃げ」をして、5八の金から離れる手が効果的になる。

「早逃げ」に関連する手筋

「早逃げ」に関連する格言


 

手筋一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -