【将棋手筋】
突き捨て

手筋一覧リンク

「突き捨て」の詳細

手筋名称
突き捨て
読み方
つきすて
主な関連駒
出現頻度
★★★★★
説明
盤上の歩を前に進め、あえて相手に取らせること。
「1枚の歩を突き捨てる」ことを「1本突き捨てる」と言うこともある。
突き捨てた瞬間は1歩損であるが、相手の駒を上ずらせたり、あとで自分の攻め駒が進めるようにしたり、継ぎ歩をしたりと様々な場面で見られる。「開戦は歩の突き捨てから」という格言もあり、基本手筋の1つである。
好手例
【将棋手筋】飛車先の歩を「突き捨て」る部分図

[図1]

上の [図1] は、先手が2五の歩を1つ進めて、2四歩と飛車先の歩を「突き捨て」た部分図。△同銀は▲5五角の飛車香取りがあるので、△同歩だが、▲2五歩と継ぎ歩攻めをする狙いがある。
【将棋手筋】角換わり腰掛銀で歩を「突き捨て」て攻める局面

[図2]

上の [図2] は、角換わり腰掛銀という戦型の局面である。ここから▲4五歩 △同歩 ▲2四歩 △同歩 ▲1五歩 △同歩 ▲7五歩 △同歩 ▲3五歩 △同歩のように 5連続で先手から歩を「突き捨て」て攻めていくのが定跡となっている。
関連用語
関連手筋
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -