【将棋格言】
三桂あって詰まぬ事なし

格言一覧リンク

「三桂あって詰まぬ事なし」の詳細

格言名称
三桂あって詰まぬ事なし
読み方
さんけいあってつまぬことなし
主な関連駒
出現頻度
☆☆☆☆
説明
桂で相手玉に対して王手をかけると、玉を逃げるしかない場合も多く、打った桂が攻めの拠点として残る。そのため、桂が複数枚あると相手玉に詰みが生じやすくなる場合がある、ということ。
しかし、実際には「三桂あって詰んだ試しなし」とも冗談で言われるように、詰みまでは難しいことが圧倒的に多い。桂自体は詰ますために適さない駒であるためだが、大駒や金駒を多く持っている場合にはかなりの脅威となるので注意すべきことに変わりはない。
関連用語
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -