【将棋格言】
手のない時は端歩を突け

格言一覧リンク

「手のない時は端歩を突け」の詳細

格言名称
手のない時は端歩を突け
読み方
てのないときははしふをつけ
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
駒組みが進んたものの駒がぶつかっていないような序盤の局面で、有効な仕掛けがないようならば端歩は突いておいた方が将来的にプラスになる可能性が高い、ということ。
相手も端歩を突いてくることは多いので、どちらが得をしているのかの判断は難しい。しかし、端攻めの選択肢が増えたり、玉の逃げ道になったりすることが多いので、戦いやすくはなる。
関連用語
関連手筋

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -