【将棋格言】
手のない時は端歩を突け

格言一覧リンク

「手のない時は端歩を突け」の読み方

てのないときははしふをつけ

「手のない時は端歩を突け」に関連する主な駒

「手のない時は端歩を突け」の出現頻度

★★☆☆☆

「手のない時は端歩を突け」の説明

駒組みが進んたものの駒がぶつかっていないような序盤の局面で、有効な仕掛けがないようならば端歩は突いておいた方が将来的にプラスになる可能性が高い、ということ。
相手も端歩を突いてくることは多いので、どちらが得をしているのかの判断は難しい。しかし、端攻めの選択肢が増えたり、玉の逃げ道になったりすることが多いので、戦いやすくはなる。

「手のない時は端歩を突け」の例

【将棋格言】横歩取りで「手のない時は端歩を突け」となる局面

[図1]

上の [図1] は、横歩取りの定跡形の1つで、先手番である。先手としては▲3六歩~▲3七桂と活用したいが、▲3六歩と突くと飛車の横利きが止まるので△8六歩からの仕掛けが生じてしまう。しかし、陣形のバランスを保つために動かせる駒も少ない。ここは「手のない時は端歩を突け」で▲1六歩または▲9六歩と突くのが良い。例えば▲1六歩に対して△1四歩と突き返してきた場合は、▲1五歩からの端攻めを狙うこともできるので損にはならず、後手の動きを見ることもできている。

「手のない時は端歩を突け」に関連する用語

「手のない時は端歩を突け」に関連する手筋

「手のない時は端歩を突け」に関連する格言


 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -