【将棋用語】
利き

将棋用語一覧リンク

「利き」の詳細

将棋用語
利き
読み方
きき
説明
駒が動ける範囲、動ける先のマスのこと。
あるマスについて、次に駒が移動可能な状態であることを「利きがある」あるいは「利いている」と言う。
将棋はルール上、飛車(竜)・角(馬)・香は駒を飛び越えることができない。つまり、「利き」の途中に駒があると「利き」は遮断されてしまうが、その場合、途中の駒がいなくなれば移動できるようになるマス(遮断されたその先)について「間接的に利いている」と言われることもある。
用例
「角の利きをうっかりして飛車を取られてしまった。」
「ここは飛車が利いているので桂を跳ねることができない。」
関連用語
関連手筋
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -