【将棋手筋】
中合い

手筋一覧リンク


「中合い」の詳細

手筋名称
中合い
読み方
ちゅうあい
主な関連駒
出現頻度
☆☆☆☆
説明
飛車(竜)・角(馬)・香による1マス以上離れたところからの王手に対して、玉から1マス以上離れたマスに、タダで取られてしまう状態で合駒や移動合いをすること。
中合いした駒を取られてしまうと純粋な駒損ではあるが、王手した駒を近づけることによって受けやすくなったり(格言「大駒は近づけて受けよ」の項目を参照。)、王手した駒を移動させたことによって受けへの働きが弱くなったりすることがある。
好手例
【将棋手筋】歩を「中合い」して受ける部分図

[図1]

上の [図1] は、先手が王手を受けなければならない。▲2八金と打てばしっかりしているようだが、△3六桂と打たれると受けがない。ここは▲3八歩と「中合い」して△同竜と敵の大駒を近づけてから▲2八金と打てば、相手の竜が逃げている間に1手指す余裕が得られる。
関連用語
関連手筋
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -