【将棋格言】
玉は包むように寄せよ

格言一覧リンク

「玉は包むように寄せよ」の詳細

格言名称
玉は包むように寄せよ
読み方
ぎょくはつつむようによせよ
主な関連駒
出現頻度
★★★★★
説明
相手玉を寄せる時には、王手をかけるよりも、逃げられないように駒を利かせておいた方が良いことが多い、ということ。
例えば、相手玉の逃げ先が5マスある場合、一方向から金駒で王手をしていくと、単純計算で5枚の金駒が必要となる。しかし、相手玉が逃げられないように金駒を配置しておくと、その手自体は王手ではないものの、最後に詰ますために必要な金駒と併せて2枚で済む。
好手例
【将棋格言】第30期竜王戦七番勝負第4局 渡辺竜王vs羽生棋聖で「玉は包むように寄せよ」に従った手を指した局面

[図1]

上の [図1] は、第30期竜王戦七番勝負第4局 渡辺竜王vs羽生棋聖で、84手目に後手の羽生棋聖が△3六桂と打った局面。先手玉の左側には後手の金が、上部には後手の飛車と歩が、そして右側には後手の桂が利いており、先手玉が包囲され、まさに「玉は包むように寄せよ」のお手本通りの寄せとなった。
【将棋格言】第59期王位戦七番勝負 第5局 菅井竜也 王位 対 豊島将之 棋聖で、「玉は包むように寄せよ」となった局面

[図2]

上の [図2] は、2018年8月29日から30日にかけて行われた第59期王位戦七番勝負 第5局 菅井竜也 王位 対 豊島将之 棋聖の119手目の局面。後手玉は不安定な状態であるが、4筋→5筋→6筋と逃げられてしまうと、広いのでなかなか捕まらない。先手の菅井王位は「玉は包むように寄せよ」で▲8三角と打ち、左右挟撃態勢を整えた。
関連用語
関連手筋
関連格言

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -