【将棋格言】
金は引く手に好手あり

格言一覧リンク

「金は引く手に好手あり」の読み方

きんはひくてにこうしゅあり

「金は引く手に好手あり」に関連する主な駒

「金は引く手に好手あり」の出現頻度

★★☆☆☆

「金は引く手に好手あり」の説明

金は斜め後ろに下がることができないため、低い位置の方が有効な場所に利く可能性が高まる、ということ。
例えば、自陣の三段目に金がいる場合、自陣内に限って考えると、金の利きは真横と真下の最大3マスである。これを自陣の二段目に引くと一気に最大6マスまで増える。さらに自陣の一段目に引くと最大5マスとなるものの、盤上で接しているすべてのマスに利きがあって隙がない。必ずしも低い位置にいる金が良いという訳ではないが、相手が自陣内へ攻め込んできた場合は、その方が守りに働きやすいと言える。
この格言は金取りから逃げたり、崩された陣形を整備したりする場合に役立つことが多い。

「金は引く手に好手あり」の例

【将棋格言】第76期名人戦七番勝負第4局 佐藤(天)名人vs羽生竜王で「金は引く手に好手あり」とされた手を指した局面

[図1]

上の [図1] は、2018年5月19日から20日にかけて行われた第76期名人戦七番勝負第4局 佐藤(天)名人vs羽生竜王の45手目に先手の佐藤(天)名人が、8七にいた金を▲8八金と引いた局面。「金は引く手に好手あり」で、後手から△7八飛と打たれる変化がなくなり、だいぶ先手玉が安全になった。
【将棋格言】第31期竜王戦七番勝負 第1局 羽生善治 竜王 対 広瀬章人 八段で「金は引く手に好手あり」とされた手を指した局面

[図2]

上の [図2] は、2018年10月11日から12日にかけて行われた第31期竜王戦七番勝負 第1局 羽生善治 竜王 対 広瀬章人 八段の80手目に後手の広瀬八段が、(▲7三と に対して)6二にいた金を△6一金と引いた局面。「金は引く手に好手あり」で、7三の と金は盤上に残るものの、自分の金の利きをなるべく自陣に残すことで、先手から▲6一飛や▲7一飛のように飛車を打たれる変化が少なくなった。先手の持ち駒に飛車があることを踏まえた好手であった。

「金は引く手に好手あり」に関連する用語

「金は引く手に好手あり」に関連する手筋

「金は引く手に好手あり」に関連する格言


 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -