へこみ矢倉:将棋の囲い

目次

へこみ矢倉の基本形

下図がへこみ矢倉(へこみやぐら)の基本形です。
最小構成として、金銀3枚の配置が同じであればへこみ矢倉と言えます。
将棋で「へこみ矢倉」と言われる囲い

へこみ矢倉の特長

へこみ矢倉は原則として居飛車の囲いです。
相居飛車の角替わりや、角交換振り飛車で現れることが多いです。

へこみ矢倉は金2枚を二段目で並べて配置しており、
金駒3枚の連結も強固で、
横からの攻めに対する耐久力が高い囲いとなっています。

へこみ矢倉の評価

標準手数11
横の耐久力80 /100
斜めの耐久力55 /100
上部の耐久力70 /100
端の耐久力70 /100
玉の広さ75 /100
玉の遠さ75 /100
囲いの進展性60 /100
陣形バランス80 /100

※弊サイト独自の評価です。戦型や局面によって変動しますし、点数の合計が大きいからと言って必ずしも優れているということではありません。あくまでも目安としてお考えください。

へこみ矢倉の前段階

角交換後、自陣に角打ちのが生じないようにバランスを取りつつも、
少しずつ右金を寄せることで、結果的に組みあがることが多い囲いです。

へこみ矢倉からの進展

  • 穴熊(居飛車)
状況として、角交換になっていることが多く、
隙が生じてしまうと仕掛けられてしまうため、
ここから手数をかけて組み替えるということはなかなか難しいことが多いです。

主な相手の囲い

  • へこみ矢倉
  • 中住まい
  • 本美濃囲い

へこみ矢倉の主な弱点

銀の位置を動かされやすい

へこみ矢倉は金矢倉と比較して、右金が二段目に下がっているため、
上部及び斜めからの攻撃に対しては銀1枚で対応しなければなりません。
組みあがった時の銀は良い位置なのですが、
下図のように歩の突き捨てから叩きが入るだけで、銀が動き、弱体化します。
「へこみ矢倉」の注意点1

斜めから角で睨まれると弱い

相手の角に斜めから睨まれていると、
下図のように歩を突き捨てられるだけでも困ります。
「へこみ矢倉」の注意点2
次に歩を取り込まれても、あるいは▲同歩と取って銀の頭に歩を打たれても、
▲同銀と取り返すことができないため、簡単に拠点を作られてしまいます。

相手の角が斜めから利いている場合には、
玉が入城せずに右下(先手7九、後手3一)のマスで待機する方が良いでしょう。

相手の右桂が跳ねやすい

へこみ矢倉は6筋(後手の場合は4筋)の歩を突いていない場合があるため、
相手の右桂が跳ねやすい状態になっています。
例えば下図のような状態から、
「へこみ矢倉」の注意点3
歩を突き捨てて桂を跳ねる(下図)と、さらに銀当たりとなります
「へこみ矢倉」の注意点4
この桂跳ねは中央への攻めに利いてくる場合もありますし、
相居飛車の場合には、銀が逃げた後に、飛車先の歩を交換されたりします。
跳ねてきた桂を歩で取り切れれば良いのですが、なかなかその余裕がありません。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -