中住まい:将棋の囲い

目次

中住まいの基本形

下図が中住まい(中住まい)の基本形です。
最小構成として、玉の配置が同じ(5筋の二段目)であれば中住まいと言えます。
将棋で「中住まい」と言われる囲い
「囲い(玉周辺)」ではなく「陣形(全体)」を指しているとも言えますが、
玉の状態は伝わりますので、その違いを気にする必要はありません。

中住まいの特長

中住まいは主に相居飛車の横歩取りや相掛かりで現れる囲いです。
玉を堅くするのではなく、陣形全体のバランスを取って隙を無くすことで、
相手から攻め込まれにくく、短手数で完成するので、急戦にも対応しやすいです。

どこかを集中的に攻撃されてしまうと突破されやすいですが、
その後も右か左の、より安全な方向に玉を逃げ出すことができます。

中住まいの評価

標準手数5
横の耐久力50 /100
斜めの耐久力30 /100
上部の耐久力50 /100
端の耐久力60 /100
玉の広さ100 /100
玉の遠さ50 /100
囲いの進展性60 /100
陣形バランス100 /100

※弊サイト独自の評価です。戦型や局面によって変動しますし、点数の合計が大きいからと言って必ずしも優れているということではありません。あくまでも目安としてお考えください。

中住まいの前段階

特にありません。
急戦に備えることを重視した薄い陣形ということもあり、
他の囲いから、中住まいに組み替えるメリットもほぼありません。

中住まいからの進展

左右いずれかに矢倉や銀冠の形を作って玉を移動することが稀にありますが、
基本的には、このまま戦いとなることが多いです。

主な相手の囲い

  • 中住まい
  • 中原囲い
  • 菊水矢倉
  • へこみ矢倉

中住まいの主な弱点

桂を跳ねると飛車の打ち込みが生じやすくなる

中住まいは、桂を跳ねて攻めに活用することが多いです。
その反面、飛車交換の展開になると、
下図のように、桂の初期位置に飛車を打ち込まれてしまいます。
「中住まい」の注意点1
以下、相手の攻めが続いてしまいますので、飛車を打ち込まれる段階では、
攻め合いに持ち込めるようにしておく必要があります。

端攻めで飛車の打ち込みが生じやすくなる

相手の持ち駒に飛車と歩がある場合、
下図のように、端歩を突き捨てる手が有力です。
「中住まい」の注意点2
▲同歩と応じると、香を吊り上げられてから、
下図のように、隅に飛車を打ち込まれます。
「中住まい」の注意点3
▲2八金と寄れば、桂香両取りを防ぎつつ、
飛車の閉じ込めに成功しているようですが、
△2七歩と金取りに叩かれて、受けになっていません。
  • そもそも端歩を突かない
  • 端歩の突き捨てを手抜く
といった対応をあらかじめ意識して、
相手の端攻めに合わせた速度で攻めを準備しておく必要があります。

端攻めで角打ちによる両取りが生じやすくなる

相手の持ち駒に角と歩がある場合、
下図から、△1六歩と端歩を突き捨ててくる変化が有力です。
「中住まい」の注意点4
▲同歩と応じると、香を吊り上げられてから、
下図のように、角を打たれて飛車香両取りがかかります。
「中住まい」の注意点5
攻め合いに持ち込むか、あるいは、角を打たれることで両取りがかからないように
飛車の位置に注意をすることが必要です。

角と桂のこびん攻めで王手金取りがかかりやすい

相手の角が間接的に自玉を睨んでおり、かつ、相手の持ち駒に桂がある場合、
下図のように桂を打てば、王手金取りがかかります。
この桂を取り返すことはできないので、金は助からず、最低でも金桂交換の駒損です。
「中住まい」の注意点6
相手の角が間接的に金を睨んでいる場合も、
下図のように桂を打てば、同様の厳しさで王手金取りがかかります。
この桂を▲同歩と取り返すと、角で金を取られてしまいます。
「中住まい」の注意点7

玉頭を攻められやすい

中住まいは、お互いが桂を攻めに使う展開になりやすいですが、
桂を2回跳ねるだけでも玉頭に利いてきますし、
5筋の歩を伸ばしてくれば、さらに厳しさが増します。
「中住まい」の注意点8
相手にだけ、このような活用をされてしまうと、
差が付きやすくなってしまうので注意が必要です。

逆に言うと、相手の陣形も中住まいである場合には、
相手よりも自分の桂が活用できるような展開になると優位に立ちやすくなります。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -