右玉:将棋の囲い

目次

右玉の基本形

下図が右玉(みぎぎょく)の基本形です。
読みに寛容な将棋界ですが「うぎょく」とは言いません。
(意味は通じるので問題ありませんが。)
居飛車から始まって、飛車を一段目に引き、玉が5筋よりも右にいれば右玉と言えます。
将棋で「右玉」と言われる囲い1
つまり、下図のように飛車先を五段目まで突いていなかったり、
右金が5筋にいたりしても、右玉と言えます。
将棋で「右玉」と言われる囲い2
「囲い(玉周辺)」ではなく「陣形(全体)」や「戦法(指し方)」を
意味している場合もありますが、概念が広いので、あまり気にする必要はありません。

右玉は、一時的に玉飛が接近しますが、下図のように飛車の横利きを通して、
振り飛車のような展開になることも多いです。

ほぼ同様の形で、中飛車の持久戦に「風車(かざぐるま)」という戦法がありますが、
その場合、途中経過が異なるので「右玉」とはあまり言いません。
将棋で「右玉」と言われる囲い3

右玉の特長

右玉は主に相居飛車で現れる囲いです。
全体的に上部に手厚く、相手が攻めようとした筋に飛車を回ることができるので、
攻め込まれる隙が少ないのが特長です。

また、玉が広いので、 指し回しにはお互いに独特の感覚が必要となることが多く、 必然的に右玉を得意としている人が経験値を生かしやすい

右玉の評価

標準手数12
横の耐久力55 /100
斜めの耐久力65 /100
上部の耐久力60 /100
端の耐久力45 /100
玉の広さ100 /100
玉の遠さ70 /100
囲いの進展性30 /100
陣形バランス100 /100

※弊サイト独自の評価です。戦型や局面によって変動しますし、点数の合計が大きいからと言って必ずしも優れているということではありません。あくまでも目安としてお考えください。

右玉の前段階

特にありません。

右玉からの進展

特にありません。

主な相手の囲い

  • 金矢倉
  • 銀矢倉

右玉の主な弱点

飛車がいる筋でも桂香を打たれる

右玉は、飛車が縦横によく利いているようですが、
下図のように横利きを生かして相手の狙いを防いでいる局面だと、
桂香を捨てて、飛車を縦に動かそうとする手が生じます。
「右玉」の注意点1
桂打ちの場合は、下図のように端の突き捨てから香を吊り上げるとより厳しいです。
「右玉」の注意点2
拠点を作られたり、突破されたりしてしまうと右玉は崩壊し始めます。
盤面を広く見ながら、相手の狙いを早めに察知して、潰しておくことが重要です。

右香を吊り上げられて角を打ち込まれる

右玉は、右端全体を香1枚で守っていますが、
香は後戻りができませんので、吊り上げられてしまうと隙が生じます。
よって、下図のように相手が歩を2枚以上持っている場合、
「右玉」の注意点3
歩を突き捨てから、香を叩いて吊り上げることで、
下図のように角を打ち込まれてしまいます。
「右玉」の注意点4
角の打ち込みがなかったとしても、
バランスを崩されると、相手に様々な攻め筋が生じてしまいます。

早い段階で相手に歩を2枚以上渡さないように対応しつつ、
持ち駒が増えた時には、攻め合いに持ち込めるようにしておく必要があります。

囲いとしては堅くない

右玉は玉が堅い訳ではありません。
1度突破されてしまうと、下図のようになることも多く、受け切りは困難です。
「右玉」の注意点5
上図のような状況になっても、玉が広いので詰みは生じにくいです。
攻め合いで相手玉に必至をかけることができれば勝ちなので、
逆算をして、攻め合いのタイミングを計ることが重要になってきます。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -