【将棋用語】
王手

将棋用語一覧リンク

「王手」の詳細

将棋用語
王手
読み方
おうて
説明
①対局において、次に相手玉を取ることができる状態。
その状態にすることを「王手をかける」と言い、相手からその状態にされることを「王手をかけられる」と言う。将棋は玉が最も大事な駒であるため、「王手」への対応は最優先事項となる。
ローカルルールで「王手」をかけた際に、「王手」をかけた側が、「王手」と言わなければならないという場合もまれにあるが、公式ルールではないため、一般的に「王手」と言う必要はない。
②ある目標に対してあと1歩の状態。特にあと1勝すれば、優勝・タイトル挑戦・タイトル獲得・記録などが達成となる場合に「王手」と言われる。将棋界以外でも一般的な用語として広まっており、野球やサッカーなどでも優勝が近づいてくるとニュースなどでよく使われている。あと一歩という意味では麻雀の「リーチ」と似た使われ方となる。
用例
「王手をかけられたので玉を逃げる。」
「挑戦者が名人獲得に王手をかけた。」
【将棋用語】「王手」をした部分図

[図1]

上の [図1] は、先手が▲4二飛と打って「王手」をした部分図。4二の飛車が2二に利いているため、後手は次に▲2二飛成と玉を取られないように対応する必要がある。具体的には、△3三玉のように飛車の利きを避けて玉を逃げるか、あるいは△3二金のように合駒をして飛車の利きを遮断し、「王手」の状態を解消する。
関連用語
関連手筋
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -