エルモ囲い:将棋の囲い

目次

エルモ囲いの基本形

下図がエルモ囲い(えるもがこい)の基本形です。
最小構成として、左金と左銀の配置が同じであればエルモ囲いと言えます。
将棋で「エルモ囲い」と言われる囲い

エルモ囲いの特長

エルモ囲いは主に対抗形の居飛車側で現れる囲いです。
玉の下に金がいるという点で舟囲いと異なり、それが部分的にやや珍しい形です。

対抗形の居飛車側の囲いについて「急戦舟囲い持久戦左美濃居飛車穴熊
という概念が昔から根強く、部分的に度々登場する形ではあったものの、
2017年位までは、最初からエルモ囲いを目指すということはほとんどありませんでした。
もちろん「エルモ囲い」という名前もなかったため、
戦いの流れの中で生じる舟囲いの変形という捉え方が多かったです。

その中でコンピュータソフトのelmo(エルモ)が高い評価値を出していることを機に、
目指すべき囲いの1つとして見直され、対抗形の急戦も増加しました。

完成するまでに手数がかからないことに加えて、その手数の割りに、
組みやすさ・各駒の働き・玉の広さ・陣形バランスがかなり優秀で、
囲いにかける1手あたりの価値の平均が、他の囲いよりもわずかに高いです。
先に攻めることを重視する現代将棋では、尚更評価されやすいと言えます。

もちろん、囲いの耐久力自体はそれほど高くないので過信はできませんが、
左金の存在によって、囲いが崩された後でも玉がやや詰みにくくなっており、
最後の粘りにも期待できます。

エルモ囲いの評価

標準手数8
横の耐久力75 /100
斜めの耐久力70 /100
上部の耐久力65 /100
端の耐久力65 /100
玉の広さ80 /100
玉の遠さ70 /100
囲いの進展性70 /100
陣形バランス80 /100

※弊サイト独自の評価です。戦型や局面によって変動しますし、点数の合計が大きいからと言って必ずしも優れているということではありません。あくまでも目安としてお考えください。

エルモ囲いの前段階

舟囲いから組み替える場合もありますが、
最初にエルモ囲いの形を作ってから入城する場合もあります。

エルモ囲いからの進展

エルモ囲いは囲いの手数を省略して急戦を狙っているため、
このまま戦いとなることが多いです。

主な相手の囲い

振り飛車で、比較的手数のかからない囲いであることがほとんどです。
  • 片美濃
  • 本美濃
  • 高美濃

エルモ囲いの主な弱点

角交換となる状況に注意が必要

エルモ囲いは、角に紐を付けているのが玉と左金のため、
下図のように相手から角交換をされてしまうと少し対応に困ります。

「エルモ囲い」の注意点1
▲同金は形が崩れて、壁形となるうえに、一段金に戻しづらいです。
そして、▲同玉は相手の角打ちによって王手がかかりやすくなります。

ある程度は仕方ない部分もありますが、
角交換やそれを狙われる筋に注意しつつ、駒組みを進める必要があります。

上部からの攻めに対しては舟囲いと同様

エルモ囲いは舟囲いと比較して玉と角の位置関係は同じです。
つまり、上部、特に角や角頭に対する攻めは舟囲いと同様で弱いです。
詳細は舟囲いのページをご覧ください。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -