【将棋格言】
桂の王手は合駒きかず

格言一覧リンク

「桂の王手は合駒きかず」の詳細

格言名称
桂の王手は合駒きかず
読み方
けいのおうてはあいごまきかず
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
桂は自分及び相手の駒を飛び越えることができる唯一の駒である。そのため、吊るし桂の詰みや、こびん攻めなどの独特な手筋がある。うっかりしやすいので、桂を跳ねたり、打ったりして王手がかかるような局面では、攻め受けともに読み抜けがないように気を付けた方が良い、ということ。
関連用語
関連手筋
関連格言

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -