金矢倉:将棋の囲い

目次

金矢倉の基本形

下図が金矢倉の基本形です。
最小構成として、金銀3枚の配置が同じであれば金矢倉と言えます。
将棋で「金矢倉」と言われる囲い
玉が入城するためには、角を初期位置から移動する必要がありますが、
角の移動先は三段目の金の下(二段目の金の右)になることも多いです。

尚、「金矢倉」は「矢倉」に分類される囲いのうちの1つですが、
他の「矢倉」よりも指されることが圧倒的に多いため、
単に「矢倉」と表現した場合に「金矢倉」を意味していることもよくあります。

金矢倉の特長

金矢倉は原則として居飛車の囲いです。
(戦いの途中で中飛車に変化するようなことはあります。)

金矢倉は金銀2枚を三段目に押し上げて配置しており、
上部からの攻めに対する耐久力が高い囲いとなっているため、
特に相居飛車の戦型において、
相手の攻撃陣と自分の玉が向かい合っている状態で真価を発揮します。

また、囲いに参加していない駒(飛車・角・右銀・右桂・右香)の利きが
囲いの反対側に集まっており、攻めの連携も良いため、
すべての駒が働きやすく、攻守のバランスが良い陣形を築くことができます。

尚、対抗形(居飛車 vs 振り飛車)の居飛車側が金矢倉に組むことは稀です。
対抗形の場合は終盤で横からの攻撃が想定されますが、
金矢倉は横からの攻撃に対してあまり強くないためです。

金矢倉の評価

標準手数14
横の耐久力70 /100
斜めの耐久力80 /100
上部の耐久力85 /100
端の耐久力70 /100
玉の広さ80 /100
玉の遠さ80 /100
囲いの進展性70 /100
陣形バランス80 /100

※弊サイト独自の評価です。戦型や局面によって変動しますし、点数の合計が大きいからと言って必ずしも優れているということではありません。あくまでも目安としてお考えください。

金矢倉の前段階

  • カニ囲い

金矢倉からの進展

  • 菱矢倉
  • 銀立ち矢倉

主な相手の囲い

  • 金矢倉
  • 総矢倉
  • 片矢倉
  • 矢倉穴熊
  • 雁木

金矢倉の主な弱点

大駒を打ち込まれる隙が多い

金矢倉は一段目と二段目に金駒が1枚しかいないため、
相手に駒を打ち込まれる隙が多くなります。

例えば、下図のように角をいきなり打ち込む手が成立する場合があります。
この角を無理やり追いかければ取ることはできるのですが、
手数がかかりますし、陣形を崩さなければならないというマイナス面も大きいです。
「金矢倉」の注意点1

棒銀が端から進んでくる

金矢倉は端を金駒で守っていません。
下図のような状態だと、相手の棒銀で端から攻められてしまいます。
「金矢倉」の注意点2
上図から相手が端歩を突いて▲同歩 △同銀となります(下図)。
ここは銀で取るのが攻め駒を前進させ続けるためのポイントです。
「金矢倉」の注意点3
以下、▲同香 △同香で銀香交換となり、部分的には少し駒得ですが、
相手が取った香を端に打ったり、飛車を端に寄ったりすれば、
相手の戦力が端に集中してしまい、突破が受けづらくなります。

端歩を突く手は、玉が広くなるためプラスになることが多いですが、
(特に矢倉で)相手が棒銀で攻めてくる可能性がある場合には、
端歩を突かないで様子を見たほうが良いです。
その場合、相手に端歩を突き越されてしまっても構いません。

歩だけで端を崩される

相手の持ち駒に歩が2枚以上ある場合(下図)でも、
金矢倉の端は狙われる恐れがあります。
「金矢倉」の注意点4
上図から相手が端歩を突き捨てて、歩を垂らす(下図)だけでも、
囲いのバランスを崩さずに対応することが難しくなっています。
「金矢倉」の注意点5
歩だけであれば、棒銀ほどの脅威ではありませんが、
他の攻めと絡めることで、より効果的になることが多いです。

それでも上から攻めてくる

矢倉は上部からの攻めに対して強いことは間違いないのですが、
飛車の攻撃力も高いため、持ち駒の増えた中終盤では、
相手が持ち駒を使って強引に攻めてくる場合があります。

例えば、下図のように、玉頭の歩の上に桂をただ捨てして、
▲同歩 △同歩となると、玉の目前まで歩が進んできて、かなり厄介です。
「金矢倉」の注意点6
特に相手の持ち駒が増えた中終盤では、
このような駒の打ち込みが、棒銀と同様の破壊力を持つ場合があります。

玉の隣の金を狙われる

金矢倉は玉の右隣にいる金を、玉1枚でしか支えていません。
下図のように、複数の駒で玉の右隣の金を攻められてしまうと、
玉だけでは支えきれなくなって受けに回らなければならなくなるうえ、
手順に金駒を剥がされて、囲いが弱体化してしまいます。
「金矢倉」の注意点7

飛車打ちを見せた銀捨て

金矢倉は一段目と二段目に金が1枚しかいないため、
相手の持ち駒に飛車がある場合には、
飛車打ちを見せた横からの攻撃に対して十分な注意が必要です。

例えば、下図のように、銀のただ捨てで王手をされてしまうと、
▲同玉でも▲同金でも、王手馬取りに飛車を打たれてしまいます。
(玉が逃げたら馬金両取りに飛車を打たれてしまいます。)
「金矢倉」の注意点8

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -